第10回軽井沢風越カップの協賛

軽井沢風越カップでのクラブブース

去る2019年6月29日―30日に例年通り、長野県軽井沢町の風越公園アイスアリーナにて、軽井沢風越カップが開催されました。当クラブは、後藤直前会長のお母様である、佐竹美和子インストラクターとのつながりもあり、第2回大会から同大会を協賛しております。

軽井沢風越カップの大会風景ーアイスダンスの演技もありました!

昨年に比べ、参加人数が120スケーターから180スケーターへ、大幅に増加したことから、同大会も2日間の開催となりました。当クラブとして、2019年5月に開催された『ロータリーデー2750』で行ったように、ラオス障害者支援プロジェクトの支援先である、ゾンパオ障害者施設で製作された製品の物販を、ブースを使い行いました。(Support For Woman’s Happinessさん、ありがとうございます!)

またこの度は第10回の記念大会であったことから、プロスケーターで、長野五輪・ソルトレークシティー五輪の男子シングル日本代表であった、本田武史さんの講習会やショー、そして現在はインストラクターで、長野五輪アイスダンス日本代表であった、 河合彩ー田中衆史組 のエキジビションもありました。

そしてこの度も同競技会から、我がクラブ宛に多額の義援金を頂戴しましたので、支援が必要な方々へ届けて参りたいと存じます。

今年度大会の写真はこちら、昨年の様子はこちらで確認できます。また軽井沢風越カップのFBページはこちらになります。

#kazakoshicup2019

第10回軽井沢風越カップの協賛」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。